ヤングアダルト小説

ネバーランドの響き
エコーズ年代記

魔法と危険と忘れられない友情に満ちたスリリングなファンタジー・アドベンチャーで、夢が現実になる。

17歳のフィネアス・"フィン"・グリフィンは、行方不明の祖父から謎の小包を受け取り、空想と現実の境界を曖昧にする冒険へと駆り出される。謎のノート、隠された飛行船、そして不釣り合いな仲間たちは、未知の世界への旅の始まりにすぎない。

しかし、シャドウキャッチャーとその闇の手下が夢の世界を脅かすとき、魔法の国ネバーランドを救うのはフィンとその仲間たちだ。彼らは空飛ぶ遺跡を探検し、古代の謎を解き、彼らが思っている以上に身近な敵に立ち向かわなければならない。

大人になること、自分を信じる勇気、そして想像力の不屈の力についての物語。「ネバーランドのこだま』は、12歳以上の読者を、飛行船が雲間を航行し、失われた島々が発見されるのを待っていて、誰もが世界を変える力を持っている世界へと誘う。

飛空艇に乗り込み、ファンタジーの風に身を任せれば、忘れられない冒険が待っている。

ja日本語